ぐるなびHOME > 博多 FARMERS' MARKET
掲載期間 [2016.9.27〜2017.1.30]

「何でも作ってみたい。ニーズに応える終わりなき挑戦」

雲仙普賢岳と有明海に挟まれた、島原市。ユネスコ世界ジオパークにも認定を受けており、まさに大地の遺産である恵み豊かな場所です。今回はそんな素晴らしい地域で農業を営む、川田農園さんを訪ねました。

農業を始めたきっかけは?

私の父親の代からです。私が2代目で、次は息子ですね。
所有している農地が全部で3万坪あって、この辺一帯は霜が降りないので何でも出来るんです。だから野菜と果物で時期をずらして常にフル稼働ですよ。生産物は、年間で20種類ほどになります。もちろん土地にあったものだけですが、霜が降りないことに加えて土地が良かった。栄養分として肥しも必要ですが、水はけのいい土地なのでそれぞれに合った栄養を与えるようにしています。もちろん使うのは全て有機質のものです。作業としては私が果物、息子が野菜を担当しています。私は野菜未経験なので(笑)

栽培している果物について教えてください。

始めは「びわ」だけだったのですが、この辺一帯が桃の生産地だったこともあって、桃の栽培を20年ほど前から始めました。その次に何があるかなと考えていた時に、他の農地でいちじく狩りをしている所をたまたま知って。そこでイチジクをスタートさせてみたんですよ。今では、パッションフルーツ、メロン、スイカもやっています。 

川田農園さんならではのこだわりはありますか?

直接販売ですね。ドカっと大量に大手業者に卸すとかではなくて、少しずつ少しずつ時期をずらして、新鮮さをキープして。やっぱり一番美味しい時にとれたてを提供したいので。

1今後の展望を教えてください。

変わらず息子が野菜、私が果物ですね。何でも作ってみたい。やはり消費者の皆さんが食べたいモノ、必要としているモノにはどんどん挑戦していきたいです。高級志向のものは高級志向で、普段使いのものは普段使いで。といった感じで色々な価格帯、商品を取り揃えられる様にしたいですね。あとは桃の木のオーナー制度に取り組んでいますが、ブドウでも始めてみたいと思っています。品種はシャインマスカットと巨峰かな。

10月のファーマーズマーケットの
お客様に向けて一言!

今月も美味しいものをたくさん取り揃えていますので、ぜひお越しください!お待ちしております。

德永 威一郎 德永 威一郎 福岡県出身・収集家
博多ファーマーズマーケットスタッフ。
九州の通販サイト 「vegetaberus」創設者
趣味は、キャンプと焚き火
博多ファーマーズマーケット編集部

3万坪もある川田農園さんの圃場は長崎県の南島原にあります。 小高い丘にある圃場から海を眺めると有明海の大パノラマ。その先には天草諸島、阿蘇連山まで眺めることができます。海に背をむけると目の前には標高1483mの雲仙岳。見渡す限り自然がそのまま残っていて、土地から力強いエネルギーを感じることができました。 そんな川田農園さんは、桃のオーナー制度、果物の収穫体験などを楽しむことができ、選果場横では直販もされています。
取材中も採れたての果物を求めて県内外から多くのお客さんが来られていたのですが、その都度、お客様に対して「これば一個食べてみらんね」「畑ば見ていかんね」など、しっかりとおもてなしをする姿には川田さんらしい人柄が出ているなと感動しました。
今後はアボカドやブドウの栽培に加え野菜の生産にも力を入れていくとのことで今後の活躍が楽しみです。 10月は無花果が最高に美味しい時期に入るということですので、ぜひ一度ご賞味いただければと思います。

Copyright© Gurunavi, Inc. All rights reserved.