※出典:富士キメラ総研
「2021年パッケージングマテリアルの現状と将来展望(2020年実績)」

人気レストランのシェフお墨付き 人気レストランのシェフお墨付き

プロはどう使っている?タ プロはどう使っている?タ

三角
相原 薫 相原 薫

1974年神奈川県生まれ。1994年より神奈川県葉山のレストランで働き始め、2000年よりフランスやスイスで研鑽を重ね、ジュネーブの二つ星レストラン『ドメーヌ・ド・シャトーヴュー』では魚料理を担当するポワソニエを務めた。2003年に帰国。『銀座レカン』、広尾『レヴェランス』、荻窪『ヴァリノール』などでシェフとして活躍し、2018年1月に「Simplicité(サンプリシテ)」を独立開業。

各画像をクリックすると開きます

画像1

フランス料理で多いムースやソーセージ作りに

画像1

青色ラップが異物混入防止に

画像1

赤いラップで調理済みかどうかをひと目でチェック

画像4

抗ウイルス・抗菌ラップで生魚も安心

画像5

水回りで使っても安心

画像5

空間にスタイリッシュに溶け込む

背景 背景
篠原武将 篠原武将

1980年、滋賀県生まれ。関西割烹の名店を2軒、京都の懐石料理【山玄茶】と修行を重ねるうちに、天賦の才が開花。26歳で独立して滋賀県に開いた【日本料理しのはら】は、9年の間に日本有数の人気店となる。2016年、【銀座しのはら】にて新たな境地に挑む。

各画像をクリックすると開きます

画像1

定番の甘味「くず饅頭」をキッチニスタで

画像2

急激な熱変化による収縮にも破れず!

画像3

在庫管理に便利な色付きキッチニスタ

画像4

魚の熟成には雑菌の繁殖を抑える抗菌ラップ

画像5

キッチニスタクッキングシートで軽やかな仕上がりに

画像6

水に強いところが嬉しい

背景 背景
前田 元 前田 元

1976年、京都市生まれ。絵本代わりに料理本を見る幼少期を過ごし自ずと料理人の道へ。高校卒業後、現リーガロイヤルホテル京都に就職。10年に亙り中華料理を極めるが、フレンチへの想いは強く渡仏、研鑽を積む。帰国後、ホテルオークラ京都【ピトレスク】、大阪【HAJIME】などで勤務後、2012年【motoi】をオープン。

各画像をクリックすると開きます

画像1

美味しいより大切な事は安全であること

画像2

見えることが一番の防止策

画像3

引っ付き加減がよく、きれいに伸びる

画像4

色分けする事でより安全に

画像5

デザートこそ細心の安全策が求められる。だから抗ウイルス・抗菌ラップ一択なのです。

画像6

無駄無く使うこと、それはプロとしての基本

背景 背景